広島市で産廃処理をする際の注意点を解説!認可済の産廃処理業者3選

5月 27, 2020

店舗の経営や工場での廃棄物など、事業活動で生じたごみのことを産業廃棄物と呼びます。

これらは一般の家庭ごみと違い、きちんとした基準にのっとって処理をしなければなりません。

本記事では、こうした産業廃棄物の処理方法などについて解説すると同時に、広島市内で産廃処理の認可を受けた業者をあわせて紹介します。

紙くずで作ったひらめきのモチーフ

もし、広島での産廃処理に関して、

  • 大量のごみの扱いに困っている
  • ごみの処理だけでなく、清掃もお願いしたい
  • 定期的にごみ処理をしてほしい
  • 遺品整理の依頼をしたい

という場合は、お気軽にタイヨーまでお問い合わせください。
昭和26年からお客様に愛され続けた弊社ならではの、安心、丁寧な対応を致します。

お問い合わせはこちらから

1.産業廃棄物の回収・廃棄方法

(1)産業廃棄物とは?

産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じた廃棄物のことをいい、家庭ごみなどの一般廃棄物とは区別されます。

さらに、産業廃棄物は以下の20種類に細かく分類されます。

燃え殻ゴムくず
汚泥金属くず
廃油ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず
廃酸鉱さい
廃アルカリがれき類
廃プラスチック類動物のふん尿業種指定
木くず業種指定動物の死体業種指定
繊維くず業種指定ばいじん
動植物性残渣業種指定産業廃棄物処理物
動物系固形不要物業種指定輸入された廃棄物

出典 広島市HP

また、これらはさらに、

  • 産業廃棄物
  • 特別管理産業廃棄物

に細分化されますが、医療機関などの特殊なケースになるため、本記事では一般的な産業廃棄物の処理方法について触れていきます。

(2)産業廃棄物の処理方法

①市が指定した焼却施設へ自己運搬する

事業活動で生じた廃棄物は自らの責任で処理しなくてはなりません。その方法のひとつが、市が指定した焼却施設へ自己運搬することです。

しかしながら、これらの運搬方法についても厳しい基準があり、安全の確保はもちろん、運搬中に悪臭などが広がらないよう、充分に留意しなければなりません。

②自社内で処理する

また、敷地内に処理設備を作り、自社内での処理も可能です。

しかし当然ながらこちらも、処理による周辺環境への負荷には充分配慮する必要があります。

また、野外焼却は法律で禁止されていますので注意しましょう。

事業活動で出た木くずなどを燃やした場合、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により、個人の場合は5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、法人の場合はさらに3億円以下の罰金が課せられます。

必ず指定の処理方法に従い、かつ基準を満たすようにしてください。

万が一不法投棄、野外焼却を発見した場合は最寄り市町(厚生環境事務所)や警察不法投棄110番のホームページから通報するようにしましょう。

③認可を受けた処理業者へ委託する

多くの事業者は、産業廃棄物処理を自治体から認可を受けた処理業者に委託しています。

ただし、処理の委託にもルールがあり、これらを怠っていた場合は責任を問われることがあるため、注意が必要です。以下の通り解説します。

・委託基準の順守

処理業者へ委託する場合、適切な手順に基づき適切な契約を結ぶ必要があります。

  • 適切な委託基準を設け、それに従って業者の選定・契約を行うこと
  • 委託業者との間でマニフェスト(産業廃棄物管理票)を取り交わし、管理すること

上記2点が主なポイントとなります。また当然ながら、許可を受けてない業者に処理を委託してはいけません。

・委託後の適切な監督
  • 適正な料金で依頼すること
  • 不法投棄など、委託業者が不適切な処理を行っていた場合は契約を解除すること
  • マニフェストの内容確認などを適宜行うこと

委託後も、処理業者に問題がないかどうかを事業者はきちんとチェックしなければなりません。

処理にかかる経費よりも明らかに安い金額で契約をするといった行為も、ずさんな処理が行われる可能性があると知りつつ黙認したことになり、責任を問われる場合があります。

「任せっぱなし」で終わりにせず、定期的なチェックを事業者側も行う必要があるのです。

2.広島で産廃処理の認可を受けている業者3選

株式会社タイヨー

【特徴】

タイヨーは創業65年の不用品回収会社です。

同社が展開している「にこにこクリーン隊」では、産業廃棄物の回収に24時間体制で対応しています。年間6500件以上の収集実績を持ち、

  • アパレル
  • ホテル・旅館
  • 百貨店・モール
  • 不動産
  • 一般企業
  • ビルメンテナンス
  • 町内会
  • 学校
  • 行政機関
  • 個人商店
  • オフィスビル
  • 医療機関

といった多種多様な業種に対応。

定期回収・スポット回収両方に対応できるため、まずはお気軽にお問い合わせください。

広島市安芸区船越南5丁目11-1
TEL:082-824-0110(代表)
FAX:082-824-0113
https://www.taiyo-net.co.jp
info@taiyo-net.co.jp

【許可一覧】

・設置

広島市一般廃棄物処理施設設置許可
広島市産業廃棄物処理施設設置許可

・処理、処分

府中町一般廃棄物処理業許可
坂町一般廃棄物処理業許可
海田町一般廃棄物処理業許可
広島市産業廃棄物処分業許可

・収集、運搬

広島市一般廃棄物収集運搬業許可
広島県産業廃棄物収集運搬業許可
広島市産業廃棄物収集運搬業許可
山口県産業廃棄物収集運搬業許可
岡山市産業廃棄物収集運搬業許可
広島県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可

・ほか

廃棄物再生事業者登録 など

お問い合わせはこちらから

広島きれい株式会社

【特徴】

リサイクルにも力を入れている業者です。

マテリアルリサイクルという、日常で排出される廃棄物をもう一度資源として有効に利用しようという方法にも取り組んでいます。

【所在地】

本社・本社工場
〒731-0125
広島市安佐南区大町西3丁目15-61
TEL:(082)877-7674(代)
FAX:(082)877-7673

株式会社コーヨー

【特徴】

ご家庭のゴミから産業廃棄物まで幅広く処理しています。

【所在地】

〒731-0125
広島県広島市安佐南区大町西1丁目20-11
TEL:082-879-2316
FAX:082-877-3775

3.おわりに

産業廃棄物の処理基準は通常のごみよりも厳格であり、委託に際しても慎重な業者の選定が求められます。

きちんと基準を作り、適切な業者に依頼を行いましょう。

ごみに関するお問い合わせはこちらから

タイヨーでは一緒に働いてくれる仲間を募集しています!

広島市タイヨー採用サイト